自分の投資スタイルに最適なアドバイザーとして

日本では投資顧問業の歴史は先にも触れましたが、約60年ほどです。
欧米に比べればまだまだ運用スキルは追いついておらず、まだまだな点は本当に否めません。
優良で健全な投資顧問会社もいれば、巨額の企業年金を消失させたAIJは言うに及ばず、個人投資家から高額の利用料金だけを支払わせてあたらない銘柄や投資商品ばかりを推奨する悪質・悪徳な業者も数多く存在しています。
そこで、優良で健全な投資顧問会社を選ぶ基準は下記の通り推奨しております。

日本では投資顧問業の歴史は先にも触れましたが、約60年ほどです。
欧米に比べればまだまだ運用スキルは追いついておらず、まだまだな点は本当に否めません。
優良で健全な投資顧問会社もいれば、巨額の企業年金を消失させたAIJは言うに及ばず、個人投資家から高額の利用料金だけを支払わせてあたらない銘柄や投資商品ばかりを推奨する悪質・悪徳な業者も数多く存在しています。
そこで、優良で健全な投資顧問会社を選ぶ基準は下記の通り推奨しております。

財務局登録番号・投資顧問業協会加入の是非
一番初めに気をつけなければならない項目です。最重要項目といっても過言ではありません。
投資顧問業を行うためには、内閣総理大臣の認定を受けることが義務付けられており、投資顧問会社のサイト内に必ず、「財務局長(金商)第○○号」という登録番号を明記しております。中には、財務局長第○○号と記載しているにも関わらず、実際に登録はしていない業者もあるようなので、金融庁のホームページで確認を取ることをお勧めしております。
誇大広告にご注意を!
投資の世界には「絶対」という概念はなく、投資顧問業はあくまでも「予想」の範疇ということをご理解ください。「絶対に儲かる」「100%間違いないです」といった成功を決め付けているような文言などの表示は法律上、禁止されています。
また。業者は「保証」や「補填」をすることができません。他にも、うまいキャッチコピーやうまい話などを強調し、「元本割れのリスク」等の個人投資家にとってリスクとなる重要な文面はわかりづらくしている業者も注意して方がよさそうです。
業者の業務内容をチェック
投資顧問会社との契約を行う際、「契約締結前交付書面」を交付することが金融商品取引法により義務付けられています。この「契約締結前交付書面」には、業務内容や会社の概要、助言内容や方法、料金体系、契約の更新や解除方法など、契約する前に必ず目を通しておかなければならない重要な内容が記載されています。

投資顧問契約に関わるリスクを十分に理解し、ご自身の納得の上で、ご自身の投資スタイルにあった業者を選ぶようにしましょう!