材料株とは、画期的新商品や新規事業、新技術開発などを材料と言い、それに反応して株価が大きく上昇する銘柄を指します。

材料株(銘柄)の見つけ方は以下で見つけることができます。

・IR(インベスター・リレーションズ)株主や投資家に対して企業が行う広報活動のチェック
各企業のコーポレートサイトや東証適時開示サービス、IRエリクサー(ソフト)、日本経済新聞のサイトNIKKEI NETでの適時開示検索などでチェックすることができます。

・新聞や専門誌で情報をチェック
日本経済新聞・Bloomberg・ダイヤモンドZAI・会社四季報・モーニングスター(株式新聞)などは、新聞や雑誌だけでなく、web版もあるのでチェックしやすいのではないでしょうか。

・レーティング情報(証券会社の投資判断)のチェック。
証券アナリストによる個別銘柄の調査や、分析結果からの格付け(投資判断)をチェックする。レーティング情報提供企業の、野村證券・大和証券・みずほ証券・岡三証券・三菱UFJモルガンスタンレー証券などは(他にもたくさんありますが)、口座開設をするとメール等で送られきます。また、インターネットでリアルタイムでレーティング情報を見ることも可能です。

・インターネットをチェック
NIKKEI NET(日本経済新聞サイト)は、適時開示検索サービスや株価ニュースなど随時掲載しています。ヤフーニュースは、企業や株価のニュースや、複数の新聞社のニュースを随時掲載しています。

上記をみてわかる通り、今の時代インターネットで情報が何でも手に入る時代です。その中から材料の良悪を見分けるのは非常に難しいことと思いますが、非常に重要なことです。そこで投資顧問会社の手が必要不可欠なのです。