ETFとはExchange Traded Fundの略で、証券取引所で取引される上場投資信託のことを指し、上場投信という略後がよく用いられます。

証券取引所に投資信託が上場しているので、証券会社を通して株の売買同様に取引ができます。ETFは、日経平均株価やTOPIXの動きに合わせて動くように作られているので、株のように投資先を選ぶ必要がありませんので、株式投資初心者の方にはうってつけの商品と言えるでしょう。

【メリット】
一般的な投資信託を異なり、上場株式と同じように取引を行うことができ、指値注文や信用取引を行うことができます。ETFも投資信託なので上場株式と同様の取引方法ですが、受益者には分配金が支払われます。また、従来の投資信託とは異なり、企業調査などのコストや信託報酬が低い点が挙げられます。

【デメリット(リスク)】
多くは10万円程度の資金が必要。(相場の動向により1万円程度の場合もある)価格に影響を及ぼす変動要因は、価格変動リスクや発行体リスク、流動性リスク、乖離するリスクがあります。

まとめると、投資する会社を選ぶ手間が省け、日経平均株価やTOPIXの動きに近い運用が期待でき、株式市場の平均が狙えて、且つ投資信託より安い手数料で運用ができる投資ということです。ただ、どうしてもリスクが付きまといます。このリスクを回避することができれば十分に利益を出すことができることでしょう。