グランビルの法則とは…
売買タイミングの判断手法として、過去(何日もしくは週)分の株価の平均値を計算し、グラフにした移動平均線を用いる方法があり、これは米国のチャート分析家「ジョゼフ・E・グランビル氏」が考案したものです。そして移動平均線と株価の乖離の仕方、方向性を見る事で、株価の先行きを判断する材料として考案されたのが、このグランビルの法則です。

グランビルの8法則(買いの4法則・売りの4法則)

《買いの法則1》
移動平均線が長期下落もしくは横ばいなるか、上昇しつつある局面で、ローソク足(株価)が上昇に転じ、ローソク足(株価)がその移動平均線を下から上へ突き抜ける時が買いのポイント。

《買いの法則2》
ローソク足(株価)が移動平均線を下回る局面でも、移動平均線が上昇している時は、一時的な調整と見て押し目買いのポイント。

《買いの法則3》
移動平均線の上方にあるローソク足(株価)が、上昇中の移動平均線に向けて下落、接近するも、移動平均線を割り込む事なく再び上昇した局面は買い乗せのポイント。

《買いの法則4》
下降中の移動平均線よりも、さらにローソク足(株価)が移動平均線と大きくかけ離れて下落し、下方乖離が大きくなった場合は、自律反発をする可能性が非常に高いポイント。

《売りの法則1》
上昇後の移動平均線が横ばい、または下降に転じつつある局面で、ローソク足(株価)が移動平均線を上から下へ割り込むと下降トレンドへと変わる初動で、売りの重要ポイント。

《売りの法則2》
移動平均線が下降中、ローソク足(株価)が移動平均線を下から上へ突き抜けても、移動平均線の下降がまだなお続いている局面では、相場の下落を案じるサインとみて戻り売りポイント。

《売りの法則3》
下降する移動平均線を下回っているローソク足(株価)があり、一時的に上昇し下降中の移動平均線に接近するも、移動平均線を上回れずに再度下落した場合は、さらに強い下落のサインとみて売り乗せポイント。

《売りの法則4》
ローソク足(株価)が上昇中の移動平均線から大きく上にかけ離れ、移動平均線と上方乖離が大きくなった場合には、ローソク足(株価)は高値警戒感から自律反落する可能性が高いポイント。

売り・買いのタイミングは非常に大事で、時には非常に難易度の高い取引方法「逆張り」にもなってしまいますので、特に注意が必要です。