酒田五法とは…
江戸時代に米商人として莫大な利益を稼ぎ出した人物、本間宗久によって考案されたと言われるローソク足の並びを基本としたテクニカル分析の事。三山・三川・三空・三兵・三法の5つの基本パターンから売り場、買い場を読む法則を編み出した。

《三山(さんざん)》
値動きが上昇と下落のパターンが三度続けば(三回山があったら)一般的には天井形成のパターンで、天井に達したとみなされます。これは天井に達したというサインとみれますので、その後は下落に転じると見ます。

《三川(さんせん)》
値動きが下落と上昇のパターンが三度続けば(三回谷があったら)一般的には底形成のパターンで、底に達したとみなされます。これは底に達したというサインとみれますので、その後は上昇に転じるとみます。三回谷があったら底とみなされるので、逆三山とも呼ばれます。三山と三川にはパターンがいくつかあり、急上昇の翌日に上昇が鈍化し大きく下落すると三川宵の明星、大暴落した翌日に根を戻し更に急反発すると三川明けの明星となります。

《三空(さんくう)》
ローソク足(株価)とローソク足(株価)の間に空間ができることを「空」や「窓」と呼び、三回連続で出現するパターンを三空と呼びます。そうなると、トレンドが反転する可能性が高く、逆張りの機会と見る。値動きが上昇時の三空は三空踏み上げと呼び、売りのサイン。値動きが下落時の三空は三空叩き込みと呼び、買いのサイン。

《三兵(さんぺい)》
上昇もしくは下落が三日連続で続くことを指します。陽線(白色の四角)のローソク足が連続すると赤三兵と呼び、買いのサイン。陰線(塗りづぶしの四角)のローソク足が連続すると黒三兵または三羽烏(さんばがらす)と呼び、売りのサイン。

《三法(さんぽう)》
売りと買い、休みの3つを指しているのが三法で、売り買いが交錯して方向性が定まらない時には休む事も大切ということです。また、上昇相場で大陽線(大きい白色のローソク足)の後、三本のはらみ線(持ち合い・小休止)をもって、先の大陽線(大きい白色のローソク足)の高値を抜く陽線が出現すれば買いのサインで、これを上げ三法と呼びます。その逆パターンが下げ三法です。