陰の極とは…
相場が下落し続け、もうこれ以上に下げようがない水準の状態。(人気が冷え切った状態)下落し続け人気がなくなり(先細りになり)これ以上に下げようがないという状態にまで株価が下がり、売買高も非常に少なくなった状態の事を陰の極と言い、大底(相場の底値のうち最も低いもの)とも同じ意味合いになります。

陰の極は相場上昇のサイン?
相場の大底(相場の底値のうち最も低いもの)という事ですので、好材料が出れば急騰し、上昇トレンドになる可能性があるという事です。つまり、急騰スタンバイ状態という事です。ただ、好材料がいつ出るかわからない状態ですので、短期ではなく、中長期スタンスの投資家には絶好のチャンスかもしれません。