誰もがはまる落とし穴
1.内容を確認せずにテーマ株へ飛びつく
2.ランキングだけで選んだ割安株
3.ルールを守れない・またはルールがない
4.1銘柄に全額投資
5.下方修正常連企業等への投資
などが挙げられますが、特に3のルールを守れない・またはルールがない人ほど落とし穴にはまります。

投資では臨機応変に対応することも大事ではありますが、初心者にはまだ早いと言えます。中級者以上なるまでは、決められたルールを守ることが大切であると考えます。

期待している銘柄に投資、買ったとたんに下がり始めると、また上がるであろうという考えに陥ります。ですが、その下がった時が大事なのです。いわゆる損切りのタイミングを掴むことができるかということです。これが非常に難しく、損切りが苦手な投資家は非常に多いと言えます。損切りというのは、その取引で損失を出してしまったけれどこれ以上持っていても利益にならないと考え、手放す
ことです。その取引では損失を出してしまっていますが、損切りのタイミングを掴む良い勉強になった、もしくは縁がなかったと思えば良いのです。まだ上がるという期待から売らずいると、さらに下落し、売るタイミングを完全に逃してしまい、塩漬け状態になってしまいます。まずは自分なりで構いませんのでルールを作り、それを守ることから始めることを心がけましょう。

先の投資人生を考えた時に、負けを減らすことが大事になってきます。同じ取引で10万円負けるのと20万円負けるのとでは、長いスパンで考えればかなりの金額差ができます。損切りのタイミングを掴むことが、今後の投資に役立つはずです。