投資の世界問わず、安値で買い、高値で売ることが一般的な基本原則です。これはどの世界でも通用すると思っていますよね?しかしながら、相場の世界では通用しないのが現実です。

実際に売買をしてみると、安値、高値というものがあり、自分では高く売っているつもりでも、別の投資家ではまだ上がると買っていたりもします。逆を言えば、自分では安値だろうと思って買えば、実は天井だったと言うこともあるのです。

1つ例を挙げてみます。
リーマン・ショックから数ヶ月間、世界中の優良企業の株価が半値以下に下がりました。その時ほとんどの投資家は、下がった優良企業の株を買うことができなかったのです。その理由は、「もっと下がるだろう」や「底が見えない」や「皆が買うなと」などが主な理由でした。これはメディアや新聞、評論家が口を揃えて悪条件であると叫んでいたからです。

この例からも分かる通り、相場ではどれが安値でどれが高値なのかを判断するのは非常に難しいのです。それどころか、高く買って、安く売るという真逆になってしまっている人も多くいるのです。