投資顧問業(投資助言業)では、ただ単にローソク足のチャートを読めばいいというわけではありません。

企業のファンダメンタル分析や、経済動向、要人発言など様々な要素が絡み合って相場変動しているので、様々な方向からの分析や知識が必要になるのです。

これらは、ただ単に教科書で勉強したからといって身につくものではありません。もちろん教科書での知識も必要ですが、教科書通りにはいかないのが実践なのです。

証券アナリストは、個別株式銘柄の評価・選定を行う際に企業の財務諸表等を分析し、収益性や成長性を評価するスキルが求められ、証券投資・分析の専門知識が必要となります。そのため、相場や経済、企業の運営状況まで徹底調査を行い、個人投資家では捌けないほどの膨大な情報を扱っています。

そうです、この膨大な情報を扱い、実践をしているからこそ身につくものがあります。このような豊富な経験や知識から、確固たる運用哲学を身につけているのです。投資顧問(投資助言)の利用にあたって、専門知識や、運用哲学が非常に重要であることがよくわかります。